なが~い城

2017/4/24 月曜日

先日、静岡駅前に行ったついでにある映画を見てきました。
『グレートウォール』約1700年かけて作られた人類史上最大の建造物と言われる万里の長城を題材にした映画です。主演はマット・デイモンという俳優さんでご存知の方も多いでしょう。YouTubeで予告編を見た瞬間に「見るしかない」と思ったので早速見てきました。感想を書きたいところですがネタバレになってしまう恐れがあるのでここでは控えておきます。

ところで、万里の長城についてご存知のことはありますか?この映画を見るまではとくに興味はなく、宇宙から肉眼で見えるくらいの建造物なんだなとぐらいしか思っていませんでした。中国の教科書にも宇宙から見えるとの掲載があったようですが、実際には幅が細い上、周囲の色と区別が付きにくいため、肉眼で確認するのは非常に困難だそうです。中国人の宇宙飛行士がそう証言したので、教科書からも正式に削除されたそうです。
今まで信じていたのに…と思いつつ『万里』というくらいですからかなりの長さがあるそうです。現存しているのは8000km以上とされていますが、本来ならば20000km以上もあったそうです。フルマラソン約500回分の距離があります。そんな距離を人の力だけで築き上げたなんて想像もできません。

万里の長城が建設された理由は諸説ありますが、有力視されているのは「外敵の侵入を防ぐ」ことです。時代によって防ぐべき敵や、敵の侵入する目的は変化したそうですが、壊れるたびに修復や延長をくり返し今の状態になったそうです。
その他には、羊の侵入を防ぐためなどの様々な理由があるそうです。「長城」と表現はしますが、城ではなく「壁」であるなどの意見もあるそうです。
様々な意見や考察があるからこそ謎につつまれた建造物であるとなるのでしょう。もし訪れることがありましたら、今回の記事を少し思い出して観光してみてください。<上野>

カテゴリー: 未来教師ブログ — mirai @ 12:04:23

このページのトップへ▲