『最新技術』

2017/7/17 月曜日

つい先日、将棋の藤井四段の連勝記録が日本中で話題になりましたね。経験豊富なベテランから若手のプロ相手に勝利を積み重ねられるのはすばらしいと思います。しかも中学生…、普段授業をしている生徒と同じ年齢の人が快挙を達成するなんて本当に信じられないことが起こりましたね。
そんな藤井四段ですが、人工知能を使ったソフト通称『AI将棋』を使って普段は自分の弱点やクセを勉強しているようです。もちろん、自分で考え先生の助言をもとに練習することもあるそうですが、データを駆使して強くなるなんてまさに現代ならではの秘訣がありますね。

『AI将棋』だけでなくいろいろな分野にも最新技術が使われているようです。例えば、自動車のスバルが発表した『新型アイサイト』は車線維持機能が大幅に強化されていて、いよいよ自動運転が目前と思わせる技術が詰め込まれています。自分は自動車にも少し興味があるので、最新の自動車に試乗させてもらうこともたまにあるのですが、もうさまざまなボタンがあって把握しきれないほどの機能が満載です。

スマホのアプリもどんどん進化しています。カメラアプリなどは驚く機能がたくさんありますね。昔風に写ったり、動物に変身したり、隣の人と顔を交換できたり、美人になったり…(もちろん心が美人な方が一番素敵ですが)はっきり言って使いこなせません!

何十年も前の人が未来を予想したときに出てくる道具がどんどん具現化されています。ダビンチが飛行機を予想したように。ドラえもんは22世紀からやって来たとされていますが、実際に90年後の22世紀にはドラえもんの道具が存在しているかもしれません。

人類の知恵と発想が様々な技術や道具を生み出し今の便利な世の中があるわけですが、どこまで進化していくのでしょうか?技術や道具を進化させればさせるほど人間自身は退化していくかもしれません。頭の中で思い浮かべるだけで機械がすべてを代わりにやってくれるようになったら人間はどうなるのでしょうか。手や足はどんどん退化するかもしれません。SF映画のマトリックスやターミネーターのように機械が人間を支配しようとする可能性だってあります。

少し悪な部分を考えてみましたが、開発される方は人々の役に立ち便利にしたいという気持ちでを開発されていると思います。最新技術で多くの人々が救われているのも事実です。様々なものが誕生し便利になったときに大事なのは『選択』です。どんなものにも表と裏があります。何を優先して何を後にするかを適切に判断できる人になれるといいですね。

哲学的な話をしてしまいましたが便利なのはいいことですね!あるものはどんどん活用して自分の知識や蓄えをさらに大きくできるといいと思います。ちなみに僕は『タケコプター』ができるまでは絶対死にません!!<上野>

カテゴリー: 未来教師ブログ — mirai @ 7:45:38

このページのトップへ▲